ハムスターの飼い方

ハムスターの飼い方。ハムスターに健康で暮らしてもらうために

ハムスターを飼うのにいるもの

ハムスターを飼うのにいるものについてご紹介します。

ハムスターを飼うならハムスターにとって必要なケージ、回し車、トイレ、給水器、餌、床材などが必要ですね。

トイレや給水器や餌などはそんなにこだわりないのでハムスター用のを普通に買って与えればよいでしょう。

ただ、ハムスターを幸せにするにはケージにはこだわってほしいです。そのへんを詳しくご紹介します。

スポンサード リンク

ハムスターを飼うのにいるもの

ケージ

ハムスターを入れるケージがまず必要です。野生のハムスターは地面の下に巣穴を作りますがその代わりとなるケージが必要です。

ハムスターは、縄張りを広く持つ生き物なので、部屋の中を縄張り、ケージを巣穴という位置付けで飼うのが理想的です。

しかしハムスターにとって金網ケージとか衣装ケースのケージは不適切であるケースが多いのです。ハムスターは、本来地下に巣穴を掘ると言いましたが地下の巣穴では安心していられますが地上に出たらいつ天敵に襲われてもおかしくないのでとても警戒しています。 その警戒モードが備わっているから今日までハムスターは絶滅せずに生き残れてきたのです。

しかし地上では無条件に警戒モードに入りますから、ハムスターはケージという危険を感じさせる場所に閉じ込められてとても大変な思いをしています。

特に衣装ケースよりも金網ケージはマズいです。金網ケージは衣装ケースよりも壁面から空気の流通があり通気性が良いですよね。

ハムスターは、通気性が良いのは地上っぽさをとても感じます。地下の巣穴はハムスターの出入りするサイズの小さな穴のみだからです。あまり空気の動きのない空間ということですね。

ハムスターを落ち着かせるために取り敢えずタッパーに入れているなんて人もブログでみました。タッパーはぴっちりしていて空気の流通が少ないので(というか全くないと思いますがそんなんでハムスターは大丈夫だったのかな。小さな空気穴くらいはいれていたんでしょうか。)

タッパーに「待ってました!」とばかり飛び込んだハムスター。ハムスターは安心できそうな場所があると喜び勇んで飛び込んでそのまま出てこなかったりぐっすり眠ったりするようです。

スポンサード リンク

タッパーはあくまで刈の避難所ですね。ほんとうにおすすめなのは「地下型の巣箱」というケージです。

これは、ハムスターがとても落ち着ける二段構造で地下のある巣箱です。何部屋にも分かれていて、トイレや寝室、餌の貯蔵など用途別に分けて行えます。

ハムスターは、本来野生でも部屋をいくつも作って使い分ける賢い生き物なのです。

地下型の巣箱を使うと、ハムスターがとてもやさしい表情になったとかよく懐いてくれて「飼育員→友だち」に昇進した感じとかいろんな感想があります。

ハムスターにとってとても落ち着く環境のようですので飼い主さんたちにはぜひ導入してほしいと思います。

木工の設計図や作り方が記載されていますし、ジャンガリアンハムスター用のは販売もされています。

薄い簡単な板を買ってきて定規で測って作ってあげて下さい。

そして、ただ作るだけでは終わりません。ハムスターには適切に接しなければいけなくて、ハムスターのペースを無視してハムスターに触ろうとしたりコミュニケーションを図ろうとするとハムスターが警戒してしまってたとえ地下型の巣箱を使ってもまったく意味のないことになってしまいます。

ハムスターには、理想的なケージの環境もですが適切な飼い主さんからのお世話の距離感とかと大切になってくるのです。

いずれ仲良くなれるしろ、地下型の巣箱を導入してから何日まではハムスターがこんな心境だから触っちゃダメ、巣箱の掃除もしてはいけないなど。何日からはこのくらいなら掃除してもいい、など。

そのようなマニュアルは「地下型の巣箱の取り扱い説明書」というのに書いてありますし、使用者さんからのよくある質問というのは地下型の巣箱のサイトに載っているのでそちらも参考にされると良いでしょう。

スポンサード リンク

回し車

ハムスターに地下型の巣箱を導入するにしても、そうでないにしても必要なのが回し車です。

回し車は、ハムスターにとって良い運動になります。ハムスターは本来広い広い縄張りを一匹で持ちます。

なので縄張りを巡回するのと同じように、結構な距離を歩いたり走ったりする運動が必要なのです。

といっても、ハムスターは回し車を使わないでぐーたらしているハムスターもいます。

部屋へのお散歩も、飼い主さんにお散歩に行きたい!と要求するハムスターもいればまったく散歩したがらないハムスターもいます。

これは個体差があるようです。

しかし、回し車はたいてい夜に走ります。夜というのは、夜行性のハムスターが起き出してきて活動する時間です。

つまり飼い主さんの就寝する時刻にハムスターがカタカタ回し車を走るということです。

ハムスターの音がうるさくて眠れないという飼い主さんも多いです。回し車は、できればサイレントホイールを飼いましょう。静かな回し車です。

それから、睡眠の妨害になるほどの音を立てるのは、回し車自体の音というよりも回し車が振動でケージの壁面などにゴツンゴツンぶつかる音がうるさいのです。

なので回し車はしっかりと固定したり壁との間に衝撃を緩和するクッション材みたいなものを挟みましょう。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターにいるもの

ハムスターの飼育するのにいるものをご紹介しました。

地下型の巣箱の場合はティッシュを細く裂いた巣材を与えるだけでハムスターが勝手に巣作りやトイレも作ります。野生でもある自然な姿です。

しかし、ハムスターを地下型の巣箱で飼わない場合は別途飼い主さんでトイレも用意しましょう。

固まる砂を入れて、おしっこなどで固まった部分のみ捨てていきます。

あと、ハムスターにとってはフンも非常食のようなもので大切な食料として溜めています。なぜならハムスターは餌の少ない乾燥地帯に生息してきた生き物ですから、フンのまだ消化しきらない栄養素も大切に貯蔵しておくのです。ショックかもしれませんがフンを頬袋に詰めていることもあります。

ハムスターの蓄えたフンを片付けてしまうと、ハムスターは餌を取られた!という考えでとても不安がり警戒しますので、必ずハムスターのフンや餌はそのままいじらずにしておきましょう。

ただしもう干からびて黒ゴマみたいになってしまったものや、腐りやすく水分の多い餌などは仕方ありませんから取り除きましょう。

スポンサード リンク