ハムスターの飼い方

ハムスターの飼い方。ハムスターに健康で暮らしてもらうために

ハムスターが嫌がるのはどんなこと?触るのを嫌がる心理

ハムスターが嫌がるのはどんなことでしょうか。ハムスターと仲良くなるためには、ハムスターの嫌がることをなるべくしないようにしないといけません。

ハムスターが自分を見ると巣箱に隠れたり、不機嫌そうに威嚇したり噛んでくるのは悲しいですよね。

ハムスターの嫌がることをしないように気をつけましょう。ハムスターが嫌がることをまとめてご紹介します。

スポンサード リンク

ハムスターの嫌がること

多頭飼い

多頭飼いは、そもそもハムスターをとても不幸にします。

彼らは、もともと一匹狼な生き物です。縄張り意識が強くて、縄張りに侵入する他のハムスターは殺します。戦って追い出しますが、どちらかが運悪く死ぬこともあります。

しかし、ハムスターは弱ければ逃げ出すのが普通ですがケージの中に閉じ込められていると強い方のハムスターにいじめられて最終的に共食いになって死んでしまうこともあります。

ハムスターは、ゴールデンハムスタージャンガリアンハムスターも基本的に一匹につき1ケージで飼いましょう。

ハムスターは環境が快適でないと神経過敏になって飼い主さんになつくどころか噛んだりしてきます。

スポンサード リンク

馴れてないのに触る

買ってきて一週間は触っちゃいけないといわれています。そのへんも、地下型の巣箱の取り扱い説明書が参考になると思います。

地下型の巣箱というサイトは、ハムスターにとって理想的な住まいの情報を提供してくれているサイトです。

そこで、具体的に地下型の巣箱に移して何日まではどのように接して、何日経ってからはこのようにという世話の仕方が書いてあります。とても参考になりますからぜひ検索してみてください。

また、びっくりさせるのもご法度です。ハムスターが夢中になって餌を食べたり飼い主さんに気付いていない時にいきなり飼い主さんがハムスターに触るとハムスターは驚いてしまって飼い主さんに威嚇したり噛むこともある可能性があります。

スポンサード リンク

高周波

耳が良くて高周波が聞こえるといわれています。ネズミとかも声が高いですね。ハムスターは滅多に鳴きませんし威嚇のジッという鳴き声くらいしか飼い主さんが聞く機会はないでしょう。

しかし、ハムスターは人間に聞こえないくらいの高音で鳴いているのかもしれません。ハムスターはしかしどちらにしろ一匹で暮らすので鳴いてコミュニケーション取る必要もないですけどね。

無臭

においもよく分かる生き物で、自分のにおいがしないと不安になるようです。

縄張り意識が強いと言いましたが、おへそあたりの臭腺から出る分泌液でマーキングして回っています。

ゴールデンハムスターの場合はおへそでなくて腰の左右のそれぞれの脇に付いているそうです。

ジャンガリアンハムスターはおへその位置にあります。

で、ハムスターはにおいがついていないと不安だからあんまり消臭とか徹底的なお掃除とかはしないほうがいいです。このへんのお世話方法も、地下型の巣箱のサイトや取り扱い説明書(無料でダウンロードできる)が参考になります。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターの嫌がること

ハムスターの嫌がることについご紹介しました。

ハムスターは、嫌がることは基本的におせっかい、干渉です。

ハムスターはほっといても地下型の巣箱を見る限りでは、自分で巣穴を作ってトイレや寝室造りをしたり餌も貯蔵して自分の力で生きていけます。

しかし、ハムスターはもともと好奇心旺盛ですから安心できる環境を確保すれば、飼い主さんにも興味を示してくれるようです。

そして、良いお友達のように仲良くなれるそうですよ。そんな感想が地下型の巣箱のサイトで見られます。

別に回し者ではないですが、ハムスターの習性をちゃんと理解して情報提供してくれるサイトなので地下型の巣箱の作成又は購入について考えてみてください。

また、導入後にマニュアル通りのお世話をしないと、せっかくの地下型の巣箱も意味のないことになってしまいます。ハムスターとの適切な距離の取り方などを取り扱い説明書でしっかり学んでからお世話しましょう。

ハムスターはストレスが強いので、不適切な環境で育てるとストレスから来る病気にもなりやすくなります。皮膚炎とか脱毛とか、活性酸素の発生から来る病気ですね。そのような病気の予防のためにもハムスターのストレスがかからない安心できる住処を提供しましょう。

スポンサード リンク