ハムスターの飼い方

ハムスターの飼い方。ハムスターに健康で暮らしてもらうために

ハムスターの遺体の処理は?埋葬する・捨てる・焼却する

ハムスターの遺体はどうやって処理したら良いのでしょうか。ハムスターの遺体は土に埋めて埋葬したり、ゴミに出したり、火葬してもらったりなどハムスターへの思い入れの程度によって飼い主さんたちはいろいろな遺体の処理方法を選択しています。

ハムスターが大切な家族なら、ゴミに出すのは忍びないですからね。

ハムスターの遺体をみなさんどうしてるのか、確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターの遺体の処理

土に埋葬

庭があれば一番いいのです。庭を掘って土に埋めればいいですからね。庭の場合は1メートルも深さがあれば大丈夫です。衛生面でも問題なし、猫などにハムスターの遺体を食べられることもないのだとか。

自然に土に帰っていくので一番動物にはいいのかな?と思います。野生のハムスターとかも寿命まで生き延びた個体はそのように土に帰っていくことになりますし。

でも庭がなければ公園とかには埋めてはいけませんよ。法律で公共の場に生き物の遺体を埋めることは禁止されています。見つかったら罰金とか課せられますから、庭がないとしたらプランターを買いましょう。

プランターは深めで大きいサイズに土をこんもり盛ってください。そしてハムスターが土の上に出てこないようにしっかりプランターの底のほうに埋葬しましょう。プランターのハムスターを埋めた周りにお花の種を蒔いて弔うというのも流行って?ますが、根っこがハムスターの遺体を持ち上げてしまうのであまりおすすめしていない人もいます。

それに、花があると虫が湧く原因にもなりますからね。その代わりの石のプレートに文字を掘るのとかも人気みたいです。

スポンサード リンク

ゴミに捨てる

ハムスターにあまり思い入れがないとか、死んだらはいそれまでよという人とか、なにか事情があって…という人はゴミに捨ててる人もいます。

一般ゴミで焼却してもらうんですね。もちろん骨なんて帰ってきませんがそれも良いでしょう。

亡くなったらハムスターの遺体をすぐに直接焼却場に持っていく人もいますし、新聞紙に包んでゴミの日に出すという人もいます。夏だと遺体の腐敗が早いかもしれませんからゴミの日まで待たずになるべく早く焼却してもらうのが良いと思います。

動物霊園

動物霊園で火葬してもらう人もいます。ペットの共同墓地にハムスターを眠らせると、誰かしらお花やお線香をあげてくれるので寂しくないだろうということです。

費用はそれなりにかかります。一万円くらいですね。しかし飼い主さんの納得行く方法で弔ってあげてください。

スポンサード リンク

まとめ!ハムスターの遺体処理

ハムスターの遺体処理についてご紹介しました。

遺体処理は、土葬とか火葬とかゴミに捨てるとかいろいろありますね。

大切なのはハムスターとのお別れがあとくさりなく、心のしこりにならずに納得行く形で行うことです。

ところで、また次のハムスターをお迎えする人は今度は地下型の巣箱というケージの導入について考えてみてください。

ハムスターが安心して暮らせるケージです。ハムスターは生前、飼い主さんを噛んだり金網を噛んだりしていませんでしたか?頬袋に餌を詰め込んだままだったり、ケージのあちこちでおしっこしたりしていませんでしたか?

ハムスターは、地上でずっと暮らすことは本来野生ならありません。地上には天敵がいるからです。地下に巣穴を掘るので、地下のような空間でないと安心できないのです。

それで、異常行動をしたり病気になったりしやすいのです。ハムスターは、地下型の巣箱で飼うと飼い主さんを噛むこともなくかなり懐くようです。

ぜひ、地下型の巣箱について使った人の口コミとか正しい使い方、お世話の仕方を確認してみてください。

地下型の巣箱、取り扱い説明書をダウンロードして読むと良いですよ。ハムスターについて知らなかった習性や気持ちや、正しいお世話方法が分かります。

スポンサード リンク