ハムスターの飼い方

ハムスターの飼い方。ハムスターに健康で暮らしてもらうために

ハムスターが怒る(威嚇)はどんな時?

ハムスターが怒る原因についてご紹介します。

ハムスターは、攻撃的になって怒る時がありますね。手を噛まれた飼い主さんもいると思います。

ハムスターはなぜ怒るのでしょうか。原因と対策法を確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターが怒る威嚇の原因

いきなり驚かせた

ハムスターが餌に夢中の時とかに、いきなりタッチするととっても驚いてハムスターは怒ることがあります。噛みつくこともあります。

ハムスターにストレスになるだけではなくて、飼い主さんが指を噛まれるかもしれないので気を付けましょう。

ハムスターが餌とかに夢中になっている時というのはなにか印があるのかというと、ハムスターが耳を伏せてというか倒しているときは、周囲の音を遮断して集中しようとしている時ですからハムスターにいきなり近付いたり触ったりしないほうが良いでしょう。

ハムスターに気付いてもらうためには、離れたところで音を出して気付いてもらう、などワンクッション置きましょう。

でも、ハムスターは別に飼い主さんに対して愛情とかは求めていません。インコは飼い主さんに愛を貰わないと精神を病んでしまう社会性の高い生き物ですが、ハムスターはもともと野性では一匹で暮らす生き物なので、飼い主さんに特別構ってもらわなくても大丈夫なのです。

なのでハムスターが餌や遊びに夢中になっていそうな時は、そっとしといてあげましょう。

スポンサード リンク

ストレスが溜まりに溜まって

ハムスターは、ストレスが溜まりに溜まって神経過敏になり、攻撃的になってしまって飼い主さんに対して怒る噛むということがあります。

ハムスターの求める巣穴というのは、ケージみたいなのではなくて野性のハムスターが砂地を掘って作る巣穴みたいなやつです。

とか言っても、ケージに砂をたくさん入れるわけにも行きませんから、二段構造で地下部と地上部とを作った地下型の巣箱というのを作りましょう。

作り方は、地下型の巣箱というサイトに記載されています。木の薄い板を買ってきて作ってください。

あるいは、ジャンガリアンハムスター用のは、サイトの主が作ってくれて販売しています。

ゴールデンハムスター用だと、ちょっと寸法が違うんです。出入り口の穴が、ハムスターの体がちょうどすり抜けるくらいのサイズでないと、地下の巣穴感がなくてハムスターが落ち着かないようです。

その他、ハムスターに地下型の巣箱をどう使ってもらったら良いのか、飼い主としてはどのように構ったら良いのか、お世話したら良いのかについても地下型の巣箱のホームページを読んだり、地下型の巣箱の取り扱い説明書をダウンロードして読んでみてください。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターが怒る威嚇の時

ハムスターが怒る、威嚇するという時はどんな時かについてご紹介しました。

ハムスターは、怒る時に体が臭くなることがあります。いきなりなんの話だと思うかもしれませんが、ハムスターは威嚇するときに縄張りを誇示する体臭の特別濃縮バージョン?とにかく臭いバージョンを出すことがあるのです。

なのでハムスターのにおいにお悩みの飼い主さんは、ハムスターが安心して暮らせるようにしてあげるとひどいニオイも収まるかもしれませんね。

以上、ハムスターが怒る原因についてご紹介しました。

スポンサード リンク

ハムスターはなぜ回転車を走る?回転車の音対策と爆笑動画も

ハムスターの回転車についての話題です。

ハムスターといえば回転車とかひまわりの種のイメージですね。回転車を走るハムスターの姿は定番で可愛いと人気があります。

ハムスターは回転車をなぜあんなに一生懸命走るのかというと、野生のハムスターもあのくらいの運動量を日々こなしているからです。

ハムスターによっては全く回転車に見向きもしないでグータラと寝ているハムスターもいるようですけどね。

ハムスターが回転車を走る姿はとても可愛くて、可愛いだけではなくて数匹のハムスターが同時に走って、えらいこった!な状態になっている爆笑動画もあります。

その動画についても最後にご紹介したいと思います。まずは、ハムスターがなぜ回転車を走るのか、回転車の音がうるさい場合はどう対策したら良いのかについて確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターの回転車

なぜ走る

ハムスターは野生の場合、とても広範囲な縄張りを持っているからです。

ハムスターは夜行性の生き物ですね。夜になるとハムスターは地下の巣穴を出て餌を集めに縄張りを走りますり

縄張りの点検も兼ねています。もし天敵が来た時の逃げる通路や抜け穴、ライバルハムスターの侵入がないかどうか。

そのように忙しく日々、縄張りの点検や巣材集めや餌を取るために、ハムスターは走り回っているから回転車で走るのでしょう。

スポンサード リンク

夜に回転車うるさい

ハムスターが夜中に回転車を走るのは夜行性なためです。

昼間でも突然の雨とかで曇って暗くなると起き出してきて回転車を走っていることもあるのですが、それでまた晴れてきたら巣箱にスゴスゴ戻って眠ります。

ハムスターの回転車はうるさい場合もありますね。夜ちょうど眠る時間にうるさいとハムスターと暮らしていくのが嫌になってきます。

回転車を静かにするにはサイレントホイールというのが良いですよ。静かな回転車です。あと、ケージにしっかり固定するとガタガタ鳴らないです。

スポンサード リンク

回転車の爆笑動画

回転車は、従来のタイプの他に平らなお皿みたいな感じの回転車もあります。

その動画がこちらです。しかもこれは爆笑動画でして、ハムスターが2匹で走っています。

もうめちゃくちゃ笑

https://youtu.be/RbMSOcvS4dM

ジャンガリアンハムスターはこのように複数匹を同じケージで飼ったとしても喧嘩せずにいられることもあるんですね。

でもジャンガリアンハムスターは縄張り意識が強い個体だと相手を追い出すまで戦って殺してしまって食べてしまうこともあります。

ちなみにハムスターを飼っているすべての人におすすめしたいのですが、ハムスターの適切な飼い方は地下型の巣箱というサイトを参照すると良いですよ。

地下型の巣箱はハムスターの理想郷と言って良いと思います。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターの回転車

ハムスターはなぜ回転車をあんなにも一生懸命走るのかについてご紹介しました。

ハムスターは野性でたくましく生きているんですね。地域はジャンガリアンハムスターはシベリアとかに多いそうです。寒い地域ですね。

夏の暑さには弱いので気を付けてあげてください。冬も20度以下にならないように気を付けてあげましょう。

スポンサード リンク

ハムスター飼い始めの接し方を間違えると大変です!

ハムスターの飼い始めの接し方についてご紹介します。

ハムスターを飼い始めに接し方を間違えると、ハムスターはなついてくれないですし飼い主さんやケージの環境をとても警戒するようになります。

ハムスターを飼い始めてから初日〜どのように接していけばよいのか確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターの飼い始め

初日

ハムスターを飼い始めて初日。ハムスターがペットショップから箱詰めにされて持ち帰られる日ですね。

ペットショップの袋はなるべく揺れないように静かに静かに持ち帰ってください。ハムスターにとって箱の中は最低と言っていい環境です。

その前に、基本知識ですがハムスターは暑さと寒さに耐性がありません。暑いと、まるで溶けたようになってしまいます。ハムスターの液状化です。液状化写真は可愛いですがハムスターが可哀想です。

快適温度は20〜25度です。夏なら暑さ対策の保冷剤とか、冬なら寒さ対策のホッカイロとかを持っていきましょう。

車の中ならエアコンを付けましょう。車だとガタガタ振動がハムスターにツラそうですね。できれば徒歩でお迎えに行ってあげるとハムスターにはありがたいと思います。

初日は、ハムスターに触ってはいけませんし、ハムスターにあれこれ関心を向けて可愛がってはいけないといわれています。ハムスターへの無関心を装いましょう。

ハムスターが、飼い主さんが「狐なのかヒツジなのか」見分ける時期であると言われています。これは、地下型の巣箱というサイトで使われていた表現です。

※そしてこの記事の内容も地下型の巣箱の内容を採用しています。地下型の巣箱のサイトを読んでいただいた方がよくわかると思いますので検索してみてください。

ハムスターは自分に無関心そうな飼い主さんは、天敵でなくヒツジのような無害な動物だと判断します。

いずれ仲良くなれますが、そのためにはしばらくはハムスターにあれこれ構ってはいけません。

スポンサード リンク

初日〜5日

ハムスターを飼い始めて初日〜5日までは、ハムスターが自分の巣穴を作る期間です。飼い主さんはまだハムスターには関心を示さずに、ひたすら餌の補充と巣材の補充をお願いします。

2日目からは、ハムスターに「飼い主さんがケージを覗いてくるけど別に害がないので安心して良いんだ」ということを学習させます。

野生のハムスターは地下に巣穴を作ります。なのでできれば、ハムスターが落ち着けるような「通気口がハムスターの体のちょうど通るくらいのみ」の環境を与えてあげましょう。

地下型の巣箱がぴったりハムスターにとって理想のお家ですが、タッパーにハムスターの出入りする穴を開けてタッパーハウスを作ってあげた人もいます。

それだけでも、かなりハムスターには落ち着ける場所になったようです。ハムスターは、巣穴を寝室とトイレ、餌置き場などと分けるのが通常のハムスターの習性です。

タッパーだとハムスターには小さいので、やっぱり地下型の巣箱を与えてあげると良いでしょう。作り方などサイトで公開されていますし、ジャンガリアンハムスター用のは完成品を販売してくれてもいます。

ちなみに、地下型の巣箱の使い方や実際のハムスターの経過観察などはこちらから確認できます。

http://ham-ham-ham.com/kaikata.html

一週間くらいはハムスターを触ったりいろいろしてはいけないんですね。

スポンサード リンク

飼い始め以外注意点

飼い始めでなくても、ハムスターを飼っている限り気をつけて欲しいことがあります。

■餌を掃除しない

ハムスターは、餌を取られると安心でないと判断してストレスが溜まります。ハムスターはフンも餌と一緒に蓄えていることがあります。フンもハムスターにとっては餌になりますからね。

■上や後ろから掴んではいけない

ハムスターは、上から後ろから掴まれると天敵に捕食された感覚になります。びっくりするのでやめましょう。手は正面に置き、ハムスターから見えるようにして掬うように手のひらの上に載せましょう。

■消臭してはいけない

ハムスターは、お掃除した後に落ち着かないことがあります。それは自分のにおいがしないので混乱しているのです。ハムスターのストレスになるのでハムスターの本来の巣穴にあたる住処(餌とか溜めたり眠る場所)は特に消臭してはいけません。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターの飼い始め

ハムスターの飼い始めは、いずれハムスターと仲良くなれるかどうかが決まると言ってよいです。

地下型の巣箱を使って取り扱い説明書通りに育てると確かに噛むなどの問題行動があった場合はそれが改善します。

ハムスターは安心して眠れるようになり病気にもかかりにくくなり健康に育つといいます。

しかし、その後ハムスターが飼い主さんと仲良くなれるかはまた別問題です。飼い始めにハムスターに恐怖を植え付けるとハムスターが馴れてくれにくくなるので飼い始めは大切ですね。

スポンサード リンク

ハムスターが落ち着かないのは病気?掃除の後とか特に

ハムスターが落ち着かない様子な場合、病気であることも考えられますが殆どは環境によって落ち着かないと推測されます。

特に掃除の後に落ち着かないというのはハムスターが自分のニオイが少なくなっていることに混乱して不安になっています。

ハムスターの不安にならない環境作りや掃除の方法など確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターが落ち着かない原因

不安や警戒心

ハムスターは、掃除の後とかに特に落ち着かない様子が見られることがあります。

それはハムスターがにおいが消えて不安だから。床材も、全部取り替えるのは間違いです。3分の1くらいとかを取り替えます。

トイレも固まった砂だけ取り除いて新しい砂を足します。

それから、ハムスターが溜めていた餌やフンがありますね。ハムスターは巣箱の中に餌を貯蔵しているでしょう。

それを取ってしまうとハムスターは餌がない!とパニックになり落ち着かないのです。

ハムスターは、犬や猫のように餌がもらえることを確信が持てません。ペット化されて歴史が浅いのでまだ本能が勝っています。それに、知能も犬猫ほど良くありません。

フンもハムスターは食べます。まだ栄養が残っているので非常食にします。でも普通は捨てようと思いますよね。捨てるとハムスターが不安がるのでそのままにしておきましょう。

スポンサード リンク

これぞ正しいマニュアル

ハムスターの飼い方の本は数あれど、ハムスターの習性についてちゃんと知っている人のマニュアル本はどのくらいあるでしょうか。

地下型の巣箱というサイトを見てほしいのですが、まずケージそのものが問題です。ハムスターは現在のケージに不満を持っていることが多いです。

ハムスターが地下に巣穴を掘って暮らしてきたように、ハムスターは通気性の良い地上では落ち着かないのです。地上には天敵がいるというのがわかっているからですね。

それから、ハムスターは学習能力は高いです。それを利用してハムスターに「地下型の巣箱が安全なハムスターの居場所であること。飼い主はハムスターにとって安全な存在であること。」などを印象付けて慣らしていきます。

しかし飼い主さんが餌を定期的にくれることを理解していませんから、ハムスターには「ここに充分な餌がある」ということを印象付けなければなりません。

その辺の詳しいことも地下型の巣箱のホームページを見ると詳しく書かれていますから、ハムスターのためぜひ頑張って勉強してください。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターの落ち着かない理由

ハムスターが落ち着かないというのは環境が不安になるような環境だったからなんですね。

掃除の後とかに特にそわそわ落ち着かないなら、環境由来の落ち着かなさと見てまず間違いないでしょう。

しかし病気の可能性も捨てきれませんから環境をちやんとしてもまだ落ち着かない様子なら念のため獣医さんに診せに行きましょう。

でも、地下型の巣箱でちゃんと説明書通り飼ったら、病気もほとんどしなくなったといわれています。

地下型の巣箱良さそうですね!ぜひハムスターに与えてあげたらいいと思います。

スポンサード リンク

ハムスターを飼えなくなったら?

飼えなくなったハムスターはどうしたら良いのでしょうか。

何らかの理由でハムスターを飼えなくなった人はどうしているのかというと、良い方法から悪い方法まで様々です。

ハムスターがあまりにも噛むので手に負えなくなって処分してしまった人もいます。

ハムスターアレルギーになってしまったので泣く泣くですがハムスターを手放さなければならなくなった人もいます。

ハムスターを見るとなぜかいじめたい衝動に駆られたり実際気が付くといじめてしまうので、こんな自分ではもうハムスターを飼えなくなったと判断しハムスターをいじめないために手放したいという人。

ハムスターを飼えなくなったら、自分で処分してしまう人やペットの処分業者に持っていってしまう人もいるみたいですが、それはちょっと待って里子に出せば良いでしょう。

最近では里子募集のホームページがいくつもありますよね。里子のホームページの中でも利用者数が多くて賑わっているところをご紹介します。

スポンサード リンク

ハムスターを飼えなくなったら

ペットのお家

ペットのお家というのは、ハムスターなど飼えなくなったペットの里親募集のホームページです。

ペットのおうちのURLを貼っておきます。

http://www.pet-home.jp/small/cg_4001/

でも、里親募集というのはハムスターを確実に可愛がってくれてちゃんと育ててくれる人に渡さないとダメですよね。

里親はどんな人で、里親が決まるまでには具体的にどんなやりとりがあるのでしょうか。詳しく確認していきましょう。

里子に出すまでのやりとり

ハムスターを里子に出すまでにネットでどのようなやりとりが行われるのか。

里親の中には、ペットを虐待する目的や実験に動物を使う業者に転売する目的、で引き取る方もいます。

そのような場合里子に出したハムスターが不幸になってしまいますから本当に慎重にならないといけません。といっても里親がまともな人なのかどうやったら分かるのでしょうか。

まず、相手の名前や性別、年齢、収入、電話番号、住所など基本的なことを聞きます。身分証のコピーも送らせるというのはよくあることのようです。

ハムスターは病気になって動物病院にかかることもありますが、充分ハムスターを飼える収入があるかどうかも見るのです。

また、里親さんが未婚者の場合は、パートナーの有無も聞くことがあります。パートナーがもしハムスターアレルギーとか、ハムスター嫌いの場合や、犬猫などを飼っている場合はハムスターと犬や猫が同居になる可能性もあるわけですから、ハムスターにストレスがかかる可能性があります。

また、念には念を入れて里親さんの職場の名前を聞く人もいます。実際にそこに勤めているかを確認するそうです。

また、ハムスターの場合はあてはまりませんが、猫の場合はワクチン代を里親さんに負担させるのが条件という場合もあります。転売する目的の人は、この割に合わない条件によって除外することができるからです。

ハムスターも、こんな感じで餌代とか何か請求すると良いかもしれませんね。あるいは、里子に引き取られてから定期的に写真を送る様にという約束はお決まりですが、写真だとまとめて写真を撮っておくという騙し行為もできそうですね。それとも日付とかは誤魔化せないのかな?必ず分かるものなのでしょうか。もし不安ならSkypeとかでその時のハムスターの動画を見せてもらったほうが確実ですね。

スポンサード リンク

飼えなくなった理由によっては

ハムスターが噛むから飼えなくなった、手放したい、ハムスターのにおいがキツイいうことなら、ハムスターの問題行動が治る飼い方をしてみるのもよいでしょう。

「地下型の巣箱」というサイトを見てみると、ハムスターが噛んだりするのはハムスターのストレスが限界に達した状態だということが分かります。

ハムスターは縄張り意識が強く、威嚇するときにすごく臭いにおいを臭腺から出すといいます。ハムスターのにおいが強いと感じるなら、ストレスのせいかもしれません。

ハムスターは、ケージ内の環境について、ハムスターに備わった本能的に「生きていけない」と判断したのです。

だから脱走したいのですがケージから脱走できずにケージを噛んだり飼い主さんを噛んだりするのです。

ハムスターは、野生ではどんな環境に住んでるかというとシベリアとかの寒い乾燥地帯で餌の少ない場所です。

なので餌の確保のため縄張りを広く持ち、一匹で暮らします。地下に巣穴を掘りますから巣穴では安心できますが地上に出ると天敵に怯えて警戒モードが働きます。

つまり、今のハムスターの環境はおそらくハムスターにとって「餌も少なく、安心できる地下の巣穴も作れない、非常に危険な場所」と認識されているかもしれない可能性が高いのです。

本能が危険だと判断する環境に閉じ込められたハムスターは、ストレスによって気が変になったりもっと酷くなると体に異常が現れてきます。

ですから、ハムスターには地下型の巣箱みたいなケージと、たっぷりの餌と 充分な巣材と、20度〜25度くらいの温度と…などが必要なのです。

飼い主さんは、掃除の時にもしかしたらハムスターが巣箱に蓄えた餌を掃除したりしているかもしれません。ハムスターが餌と一緒にフンも蓄えているかもしれませんが、ハムスターは自分のフンも食べます。非常食みたいなものです。

ハムスターは勝手に餌がなくなるような環境では安心して暮らせません。常に危機感を持っていて飼い主さんを思い切り噛むこともあるでしょう。

ハムスターには、地下型の巣箱というサイトで勉強した飼い方を実践してあげてください。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターを飼えなくなったら

ハムスターを飼えなくなったら、どうしたら良いかについてご紹介しました。

里子に出すのは意外なほど手間が掛かりそうですね。

猫と比べたら寿命は短いハムスターですが、尊い命には代わりありませんからハムスターをちゃんとまともに飼ってくれる人だと良いですね。

ハムスターが噛むなど問題行動をするから…という理由なら、ハムスターを地下型の巣箱を使ってチャンとハムスターの習性に沿って戦略的に飼うとハムスターはあれよあれよと良い子になって大人しくなりなついてくれるでしょう。

ちなみに、ハムスターのアレルギーはハムスターに何度も噛まれすぎて唾液が入ってしまって発症することがあります。卵の食べ過ぎとかで卵アレルギーになることがあるように、タンパク質が大量に血液に入ってくるとダメなんですよね。なのでなるべくハムスターに噛まれないようにしましょう。

ハムスターは、噛むのはストレスのせいですから地下型の巣箱を参考にしましょう。あと、水分不足やタンパク質不足も噛む原因になります。なので水分の多い野菜や、茹でた卵の白身などを与えてあげましょう。

スポンサード リンク

ハムスター屋外に散歩させるのはあり?

ハムスターを屋外に散歩させたいという人もいます。

ハムスターを屋外に散歩させるとちょっとしたはずみに脱走してしまうことがあります。

屋外で脱走したハムスターは、そうそう見つかりません。なので屋外への散歩は危険です。

リードをしていても何かの拍子にハムスターの体から外れてしまい脱走されることはあります。

ハムスターの屋外散歩のリスクについて確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターの屋外散歩

昼間は眠りたい

屋外に散歩させるのはハムスターの習性から見ても昼間は適しません。

夜行性のハムスターは昼間は眠っていたいのです。明るいのが不安で、散歩させていると日陰とか木陰とかに逃げ込んでしまい、そのまま見失ってしまうこともあるみたいです。

日陰とかの薄暗い場所に行ってハムスターは夜になるまで動かないこともありますから、もし散歩中に見失ったらハムスターを捕まえる見込みはありません。

捕獲される

屋外で脱走してしまったハムスターは、誰かに捕まえられている可能性もあります。

その場合はその人が捕獲して持っていってしまうこともあります。屋外で野生化しているよりは餌ももらえて安全かもしれませんが…。

屋外で脱走しているハムスターを見つけたら、警察に届けてくれる人もいます。警察でハムスターを預かってくれていることもあるので、問い合わせてみたらハムスターが見つかって良かったと言っている人もいます。

その警察も、ハムスターのお届け物や問い合わせは初めてみたいでしたが。ハムスターが屋外で迷子になるのはそうそうないことで珍しいことですからね。

スポンサード リンク

屋内でも

屋内でも脱走して迷子になると見つけるのは大変です。

チーズの匂いとかお味噌汁の匂いとかで釣ると良いそうです。

玄関の隅に穴を開けて床下に潜んでいたなんていうハムスターもいるみたいです。

それから、掃除機の筒から入ってゴミ受けのところに居たハムスターもいます。

そこまで入ると自分で出ることができないみたいです。飼い主さんが気付いてあげなかったら掃除機の中で死んでしまっていたかもしれません。

しかも、ハムスターが潜んでいるのにその掃除機を何回か使ったそうです。さぞハムスターは掃除機の爆音を間近で聞いて恐ろしかったと思います。聴覚が良いのに、人間でもうるさいと感じるあの掃除機の音を掃除機の内側から聞いたわけですからね。

あとは、冷蔵庫の下とか、マンションの玄関にあるボイラー?給湯室の奥とか。ハムスターは、ホントにいろいろな場所に潜り込みますが稼働している家電は温かいのでそういう近くにいることが多いみたいです。冬の場合ですけどね。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターと屋外散歩

ハムスターは、屋外に散歩させるのは危険であるということをご紹介しました。

ハムスターを屋外で見失ったら見つけるのは大変ですからね。

リードをしていても危険なので基本やめましょう。

しかし、地下型の巣箱というサイトの主はハムスターを草原に放してストレスについての実験、研究を行っています。

決して真似してはいけませんが、ハムスターのストレスのない飼い方についてとても貢献してくださってる方なので、ぜひ地下型の巣箱のサイトで飼い方を参考にしましょう。

ハムスターのストレス要因が分かりますから適切に飼うとハムスターがもっとシアワセに暮らせて飼い主さんにも懐くようになりますよ。

スポンサード リンク

ハムスターが屋外に脱走したらどうする!?

ハムスターが屋外に脱走したらどうすればよいのでしょう。

ハムスターは脱走願望の強い生き物です。それは、「ここの環境では生きていくのに不安だからもっと安全なところへお引越ししたい」と考えての行動です。

ハムスターが脱走したがらない環境作りは、「地下型の巣箱」というサイトをご覧ください。ハムスターの習性に詳しい人によって、ハムスターがシアワセになる飼い方が全てマニュアル化されています。

ハムスターが屋外に脱走してしまったら戻ってくるのな、希望はあるのか、そのへんを確認していきましょう。

スポンサード リンク

ハムスターが屋外に脱走

脱走した経緯

ハムスターがどんなきっかけでどのようにして屋外に脱走したのか、実例から分析してみましょう。

衣装ケースで飼っていたハムスター。給水器によじ登って、蓋を持ち上げ脱走したようです。

部屋のドアが閉まっている間は室内にいたと思われますが、飼い主さんがドアを開けた隙に部屋から脱走し、階段を下りて玄関のたたきに出てそこで待機。

玄関のたたきに出てしまうと、たたきのフロアは床ですべすべしているのでよじ登って戻ることができなくなります。

玄関ドアを開ける前に飼い主さんが気付けばよかったですが、気付かずに開けてしまい隙間から屋外に脱走していってしまったというものです。

玄関のたたきにいる間、靴の中に居たようでフンが靴の中に落ちていたそうです。運良く、その日履く靴にハムスターがいれば捕獲できましたが、履かない靴の中に居たようです。

残念ながら、屋外に脱走したら戻らなかった人もいます。

家の中なら、ハムスターの好きなおやつを置いておくと出てきますが家の外に出たら天敵もいるのでもう助かる見込みはなさそう…とのことです。

そのまま屋外から帰ってこなかったハムスターが多いようです。

スポンサード リンク

散歩中に

屋外に散歩中に脱走したハムスターもいるようです。

屋外にハムスターを散歩させるというのは、危険を伴います。

あまりおすすめできません。夜行性なので昼間太陽の明るい内から散歩させるというのはハムスターにとって習性から外れたことです。

室内の散歩中にも、脱走することがあります。ドアを開けていると家中のどこを探せばよいのかという状態になりますから、ハムスターを散歩させるときには部屋のドアは閉めて、窓も閉めておきましょう。

スポンサード リンク

最後に。ハムスターの屋外脱走

ハムスターの屋外脱走についてご紹介しました。

屋外にハムスターが脱走してしまったら助からない見込みが強いということです。

ハムスターが脱走しないように快適な環境作りを心がけ、もし脱走しているのに気付いたら玄関扉を開ける前によく周辺確認しましょう。

そして飢えないように餌を家の各所に撒いておき、ハムスターの好物もおいで呼び寄せましょう。水分補給のための野菜も置いておきましょう。

一週間以上してから出てきた人もいるので、家の中で脱走したならまだ諦めてはいけません。くれぐれも屋外に脱走しないように気を付けましょう。

もしハムスターが屋外に脱走して戻らなくても、今度お迎えするハムスターをシアワセに育ててあげれば良い、と気持ちを切り替えていきましょう。

ハムスターの故郷のシベリアと日本の環境ではどちらが暮らしやすいのか分かりませんが、ハムスターは野生でも天敵のいる中たくましく生き残ってきた生き物ですからもしかしたら日本の何処かでたくましく野生化しているかもしれませんし。

スポンサード リンク